下取りより買取り

 車の乗り換えで、新車をできる限りお得に購入するためには、新車をできるだけ安く買うことと同時に、今お乗りの愛車をできるだけ高く処分することが重要だそうです。一昔前はディーラー下取りが一般的でしたが、最近ではメディアでも、中古車を処分するなら、ディーラー下取りよりも買取業者の方が お得だと宣伝されていますね。

 なぜそのようになるのかを考えてみたのですが、2つの理由があるのではないかと思います。
 まず1つ目は本業か、そうでないかの差ではないでしょうか。ディーラーは新車を販売するのが本業ですので、中古車に関しては、中古車の仕入・販売を本業とする買取業者には、再販ルートなどの面でやはり及ばないということだと思います。そもそもディーラー下取りの方が買取業者よりもよい査定になるなら、中古車買取業という商売自体が成り立ちませんよね。

 ただし、だからといって、下取りを止めて、単純に買取りにしただけでは、 愛車を高く処分するという点において十分な効果が出ないと思います。

下取りのカラクリ

 ディーラーの査定が低くなってしまう2つ目の理由は、これはあくまでも推測ですが、ディーラーが自社利益の補填のために下取りを利用しているからではないか?と思います。

 新車の値引き相場はネットなどでほぼオープンになっています。対して中古車は状態が1台ずつ全部違うので、相場は素人にはわかりません。ネットで調べて30万円が新車の値引き相場のところに、10万円で提示しても納得するお客様はいないでしょう。
 対して、相場がわからない中古車に関しては、30万円が買取相場のところ、10万円で提示しても、「年式、走行距離、キズの具合からして、そんなものかなぁ」と誰もおかしいとは思わないでしょう。

 ですから、例えばこのような営業テクニックが使えます。50万円が相場の中古車に対して、最初は30万円で提示しておき、新車の値引き交渉の最後の段階でこう言います。「新車の車両値引きはこれ以上難しいので、下取りの方で上乗せさせていただきます。」10万円上乗せした40万円で提示されればほぼ契約されると思います。
 ディーラーはこの事に拠って、新車の値引き交渉を打ち切り、お客様に10万円上乗せしてくれた、いい営業マンだと思われながら、10万円の余剰利益を得ることができます。

 商売上のテクニックですが、このようなことをしていれば、買取業者よりも査定額が低くなってしまうのは当然ですね。

見積もりを比較する

 ただし、買取業者1店でしか見積もりを取らないと、結局は買取業者でもディーラーと同じ営業テクニックを使われる可能性があります。ですから、中古車を高く売る効果は1つ目の理由分しか出ないと思います。買取業者も営利企業ですからね。

 問題は1社でしか見積もりを取っていないということだと思います。つまり比較対象がないので、その査定額が適正かどうかわからないということです。ディーラー下取りの場合は、1社だけになってしまうのは仕方がないでしょう。ですから前述の営業テクニックを使われてしまいます。買取業者の場合なら、複数の見積もりを取れば解決するんじゃないの?そう思いますよね。

複数の見積もりをどう取る?

 確かに複数の買取業者から見積もりをとることは重要のようです。異常に低い査定をする業者がいれば、何かおかしいと気付けますからね。サバを読んでいるという意味だけでなく、少なくともその買取業者は選ばない方がいいことは判りますよね。

 でも、そのために忙しい中、何店もの買取業者をしらみつぶしに回り、何回も同じ説明をするのって面倒じゃないですか?それ以前に、多分1店目できっとこう言われるでしょう。「今ここで決めてもらえれるならこの査定額になります」と。買取業者としても他店から見積もりを取られたくないですからね。

 ではどうすればいいの? と思われると思いますが、全てを解決するいい方法があるんです。

一括見積もり依頼サイト

 複数の買取業者に対して、一括で見積もり依頼をすることができる無料サイトを利用すれば全てが解決します。費用、時間、手間がかからず、しかも一括なので買取業者間での競りのような形にもっていける訳です。これなら相場を知らなくても勝手に査定額はつり上がりますよね。
 さらに買取業者の幅が広がりますので、思わぬ高額査定が出るかも!

 例えばこんなサイトがありますよ。



 私がこのサイトを選んだ理由は、提携買取業者が218社と多いこと、 見積もりが取れる最大値が10社と多いこと、情報入力したらすぐに 概算査定額がわかること、累計利用者が100万人を超えていること などがあり、信頼できそうだと思ったからです。

査定額は同じにはならない

 各買取業者が実際の相場に従って査定額が提示すれば、何件見積もりを取ろうが結果はほぼ一線になるのではと思われるかもしれません。しかし実際にはそうならないのです。

 まず、競りの形になっていますので、相場通りに査定していたのでは、その中古車の仕入れは他店に持っていかれます。さらに、各業者で再販ルートが違うということもありますし、買取強化キャンペーンなどで仕入れたい車が各社で違っていたりするため、査定提示額の最高値と最低値には大きな差があることも稀ではないようです。

 公式サイトなので嘘や過大広告はないと思いますが、有名サイトを チェックしてみると、やはり大きな差が出ることがあるみたいです。


かんたん車査定ガイド : 査定最高値と最低値の差が60万円という実績あり!

carview
カービュー : 査定最高値と最低値の差が30万円という実績あり!

 この差があなたの愛車でも出る可能性があります。もし近くの大手買取店で査定してもらえばいいとか、ましてや面倒なのでディーラーで全て任せてしまいたいとお考えなら、それはもったいなさすぎます。

 私のケースですが、13年落ちの事故修復車で、ディーラーでは査定できないどころか、廃車費用をもらわないといけないと言われた車に、このようなサイトを利用してみたら5万円の査定が付きましたよ。しかも、この5万円(実際には廃車費用分も含めて5万円以上の差)は、ネットで情報入力をしただけの僅かの手間で発生したという点が重要です。 これは無視できないと思いますよ。

 次はあなたがこのようなサイトを利用して得をしてくださいね。


 

© 2017 中古車買取 rss